シボヘールとラクビの併用はアリ?

ラクビとシボヘール併用はアリ?→【大アリ】です!

2つサプリを併用するのはアリですか?という疑問。

 

結論から言いましょう!

 

アリです!むしろ推奨したいくらいです。

 

もっと言うなれば

 

・・・

 

なぜか?それは以降で詳しく書いていますが、

 

簡単に述べるとシボヘールとラクビは、脂肪へのアプローチ方法が異なるので、2商品を併用することで、より求める結果に近づけると考えているからです。

 

では、少し掘り下げて説明したいと思います。

大前提として、食品区分が違う

まず、2つの商品は食品としての区分が異なります。

 

  • シボヘール:機能性表示食品
  • ラクビ:健康食品

 

 

機能性表示食品とは??あまり聞きなれない言葉かもしれませんね?

 

簡単に言うと、事業者の責任で「機能の表示」が認められた食品です。例えばシボヘールの場合、表示する機能性は

 

「お腹の脂肪を減らすのを助ける」

 

というものです。

 

もちろん、なんでもかんでも表示できるわけではなく、きちんと科学的根拠に基づいた根拠がないと、消費者庁に受理されず、「機能性」を表示できません。

 

つまり、機能性表示食品は、一定の信頼性がある。と判断できます。

 

 

一方、ラクビの方は、このような機能性を有していません(機能の表示が認められていない)

 

 

え!?じゃあラクビは効果が期待できないの・・・?

 

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

ただ、機能性を裏付けるデータや実験結果を持っていない。ということが考えられます。また、機能性の裏付けデータや実験には当然コストが掛かるので、総合的な判断として「機能性表示食品にはしなかった」という可能性もありますしね☆

 

 

いずれにせよ、2つのサプリを併用するのであれば、この部分に関してはあまり意識する必要はありません。

 

そもそもアプローチが違う

 

2つのサプリが脂肪(体重)にどうアプローチしてくれるのか?それは以下の違いがあります。

 

  1. 燃やす→シボヘール
  2. たまったのを出す→ラクビ

 

脂肪を燃焼させる以前に、便秘に困って体重が減らないのであれば、まずはその部分にアプローチするのが良いと思います。

 

シボヘールは「葛の花由来のイソフラボン」が脂肪にアプローチし、減らすのをサポートしてくれます。

 

理想的なラクビ併用法

2つのサプリ、まずは「両方」飲むのが良いと思います。

 

そして、当然のことですが、運動をしますよね??
(運動無しで痩せようなんて思っていませんよね?あり得ません。仮に一時的に痩せたとしても、必ずリバウンドします)

 

 

そして、運動によって代謝が上がってきたら、痩せやすい体質になっています。そのタイミングで、脂肪燃焼サポート系であるシボヘールは、飲むのを止めればいいと思います。(基礎代謝で十分なカロリーを消費できる体を手に入れたから)

 

もちろん運動は続けてくださいよ?

 

サプリだけでなんとか・・・!なんて甘い考えは捨ててください!

 

ラクビの方は、便秘気味の方は継続した方がいいと思います。腸内環境の方は、基礎代謝向上したからといって改善されるわけではありませんから。もともとそこまで便通にお悩みが無い方は、使用を止めていいと思います♪♪

 

併用する期間の目安は・・・?

あくまで目安です。

 

  • シボヘール:3ヶ月
  • ラクビ:6カ月

 

 

・・・

 

 

長っっ・・・!!!

 

 

と思った方。だからあなたは痩せないんです。これまでの積み重ねで蓄えた脂肪が、1ヶ月そこらの短期間で落ちると思いますか??そんな極端な変化をしたら、まず間違いなく反動でリバウンドして元通りですから。

 

 

シボヘールの方は、関与成分「葛の花由来のイソフラボン」が、3ヶ月の試験で脂肪を減少させる効果が実証されています。

 

 

一方、ラクビの方はそのような検証結果はないのですが、ユーザーの声を元に、約6カ月が効果を実感できる目安期間となります。

 

お得に「ラクビ」と「シボヘール」を購入するなら

ご存知だとは、思いますが、健康食品の「初回注文」って大幅な割引があるんです。50%割引なんてザラです。

 

こういった割引は、公式サイトのキャンペーンでのみ適用されますので、是非ご確認ください。

↓↓↓

 

 

ラクビのお得な定期コース

↓↓↓

 

 

【※補足】

ラクビは「3回以上の継続が必須の定期コース」です。購入前にきちんと把握しておく必要があります。
シボヘールは「継続回数の縛りはありません」(解約はいつでも可能)

page top